自分がどんな風に立っているか知ってる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

先日、東京と埼玉まで施術に行ってた。

 

今回は10~63歳の方、

7名が来られていて、

もちろん訴える症状は様々。

 

  • 右足の薬指の裏が痛くなる
  • 膝だけ冷える
  • 起床時だけ足の指に違和感がある
  • 階段の下りだけ右膝が痛い
  • 排便時に恥骨と尾骨の間に痛みが走る
  • 右肩が挙がらない
  • 歩くと左足甲に痛む
  • 産後、立っていると腰と背中が痛くなる
  • 上を向くと首が痛くなる
  • 尻餅をついてから、階段の上りで腰に痛みがある
  • 何だか右半身がだるい
  • 右足の親指だけしびれる
  • 右膝に水が溜まる
  • すぐに寝違いを起こす
  • 左目の眼瞼下垂がある
  • 体重をかけると踵が痛む
  • 仰向けになると腰が痛い
  • 少し立っているだけで腰が痛くなる
  • 首の右側が痛くなりやすい

 

色んな症状があって、色んな原因がある。

 

ある部分の血流が悪くなっていたり、

骨と骨と位置がズレていたり、

筋肉と筋肉が癒着していたり、

神経の通り道が狭くなっていたり、

原因を探し出したらキリがないくらい。

 

そんな中、共通して言える事がある。

 

それは何かというと、

【しんどい立ち方をしている】という事。

それも本人には全く自覚が無い状態で。

 

 

いつも立っている姿勢ってどうなの?

本当にその立ち方は楽なの?

楽な立ち方ってどんな立ち方?

 

自分がどんな立ち方をしているのか、

意識した事あります?

体重は右足にかかっている?

それとも左足?

踵にかかっているのか?

それともつま先?

親指側?小指側?

よっぽど普段から意識をしていないと

気がついていないはず。

 

普段の当たり前の立ち方が、

身体に様々な影響を与えているとしたら?

 

立っているだけで

身体を悪くしているのであれば、

これはとても大変な事ですよね・・・

 

僕の施術は立ったままですることもあり、

足首に触れて重心の確認をしていく。

 

するとクライアントさんの身体が揺れる。

自分の意志とは関係なくユラユラと。

 

前に行ったり、

後ろに行ったり、

横に揺れてみたり、

クルクルと回ってみたり、

倒れそうになってみたり。

 

横に揺れながら、

いつの間にか片足立ちになって、

「私、片足立ちになってるんですけど!

どうして~!?」

みたいな人も(笑)

 

これって全部、

自然治癒力がしてくれている事。

身体が勝手に揺れて色んな方向に動いて、

足底のいたるところに体重をかけていく。

 

普段、体重をかけていない部分には、

何回も何回も念入りに体重をかけていく。

 

この部分に体重をこのくらいかけても

大丈夫なんだよ。

安心して体重をのせたらいいんだよ。

 

身体が心に教えてくれている。

 

何でもそうだと思うけど、

慣れていないとスムーズに出来なかったり、

怖くて身体が固まったりする。

 

それと同じで、

立つのも慣れてない部分は、

繰り返し使ってあげないと

体重がうまくかけられない。

 

何度も何度も体重をかけて、

心が安心してくると、

自然と身体の揺れが無くなり、

ある位置に戻ってくる。

 

その人が一番楽に立てる位置に。

その状態で立っているとすごく楽。

 

「こんなに楽に立てるの!?」

って言われる方が本当に多い。

 

ちゃんと立てると、

色んな症状が改善されてくる。

眼瞼下垂の目が開いたり、

顏が細くなったり、

楽に立つだけで変わってしまう。

 

一度、自分の立ち方に

意識を向けてみるといいかもね。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください