意識して感じる大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今日は気分転換と

身体のメンテナンスの為に

お散歩に行ってきました。

 

お散歩で気分転換はわかるけど

なんでメンテナンス??

と思われる方もいますよね。

 

ただ何となく歩いていると

普通のお散歩になってしまうけれど

色んな事を感じる様に

意識をしてみると

全然違うものになってきます。

 

自分の呼吸を感じ

心臓の拍動を感じ

風の動きを感じ

花の香りを感じ

景色の色を感じ

鳥のさえずりを感じ

それぞれを意識しながらも

全体的にぼやっとした

そんな感覚で歩いてみる。

 

 

途中、

神社に参拝し

鳥居をくぐったときの

空気の変化であったり、

合掌しているときに

神殿から感じる

エネルギーであったり、

御神木の前にたたずんだときの

足の裏の感覚であったり、

素直に感じてみる。

 

自然と力みが抜け

身体が緩んでくる感覚。

数分もすると

身体が軽くなっている。

 

自分で身体を緩めたいとか

軽くなりたいとか

思っているわけじゃないけど

自然にそうなっていく。

 

身体はわかっているんだけどね。

本当はどうなりたいのかなんて。

 

身体には自然治癒力があって

頭でわざわざ命令しなくても

良くなろうとしてくれている。

 

なのに、

誤った情報や固定概念で

自分の素直な反応に

ブレーキをかけてしまい

なりたい自分になれない

そんな人が多い。

 

もっと素直にシンプルに

自分の心や身体を

感じ取れたらいいのに。

 

 

帰りにふと川を覗いてみたら

鴨が気持ちよさそうに

水の流れに身を任せていた。

 

自然に逆らわない生き方、

ステキだと思う。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください