すべて繋がっている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

昨日は毎月恒例の京都出張施術。

 

昨年、バイクで交通事故に遭い、

左肩の痛みと左脚の違和感が

ずっと続いている方。

 

夜中に左肩甲骨が痛くて

目が覚めてしまうそう。

 

身体を全体的に観ていくと

右股関節、左手首に

滞りが感じられる。

 

仰向けの状態で両足の甲に

手を添えて刺激を入れてみる。

 

「手の先までジーンときてます!!」

 

ふむふむ、なるほど。

次は左手首に軽く手を添える。

 

「今度は足先までジーンときてます!!」

 

あー、こういう事ね。

腕は足に引っ張られ、

足は腕に引っ張られている。

 

そんなところで!?

と思うかもしれないけど、

何十兆といわれる身体の細胞も

一つの細胞が分裂しただけで、

元々は一つのもの。

 

だから、どこから触っても

どこにでも影響が出てくる。

そんな風に考えることも出来る。

全部、つながっているんだよね。

 

滞っている部分を流していって、

引っ張り合っている部分をはがしていく。

そうすると左肩の動きは良くなっている。

 

でも痛みが少し残っている。

あとは噛合わせが影響しているなー。

 

普段、仕事をしていると

いつの間にか噛みしめているみたい。

顎の関節に手を触れてみる。

 

「指の先までジーンときてます。一番ジーンとしてる!!」

 

噛合わせってすごく大事で、

顎の筋肉は首に付いているし

股関節や足首にも影響を与えている。

 

噛合わせを調整すると

左肩はさらに楽になっている。

 

もともとは事故がきっかけの痛みだけど

事故を起こす前からすでに

痛くなる要素を抱えていたみたい。

それも自分が自覚しない形で。

 

だから痛みの出たところを触っても

なかなか良くなってこない。

原因はそこじゃないもんね。

 

さてさて、

今日もたくさん氣付いてもらって

心と身体を繋いでいってもらおう。

 

※噛合わせに関連するセミナーを開催します。

詳細はこちらから↓↓↓

セミナー・講座

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください