各種イベント

Pocket

Pocket

知っている様で知らない身体の使い方

Pocket

東洋医学講座の第三回目でのお話です。

 

今回は

①首と腰の調整

②股関節と肩関節の調整

③歩き方

をテーマにお話をさせて頂きました。

 

さて、皆さん。

いきなりですが、

自分の身体を自分の思う様に使えてますか?

 

自分は使えてるよーとか、

うーんどうかなーとか、

皆さんそれぞれだと思います。

 

スポーツやダンスなど

普段から身体を動かしている方は、

身体に意識が向いているでしょうし、

逆にデスクワークなどをされている方は、

あまり自分の身体の動きに

意識が向いてないかもしれませんね。

 

まぁ、何が言いたいのかというと、

身体って少しの意識で

すごく使いやすくなるんです。

 

人間の身体には一種の癖みたいなものがあります。

これはその人その人の性質という事では無く、

人間として皆が持っている性質になります。

 

例えば、

武道をされている方はご存知だと思いますが、

顎を引く

脇を締める

お尻の穴を締める

といった動作は身体のバランスが良くなり、

本来の力が発揮しやすくなります。

 

顎を引く意識をすれば首の位置が変わります。

脇を締める意識をすると肩甲骨が安定します。

お尻の穴を締める意識をすると骨盤が安定します。

 

本当に少し意識するだけで変わってしまいます。

 

ただ、残念な事に

自分の身体をうまくコントロールできている人が

とても少ないんです。

 

なぜかというと、

身体の使い方が間違って伝わっているから。

 

先程の『顎を引く』であれば、

顎を引いてっていうと

顎が首に近づき閉じてしまっている。

 

『脇を締める』に関しては

脇を閉めてしまっている。

 

『お尻の穴を締める』も同様に、

お尻の穴を閉めてしまっている。

 

『締める』と『閉める』とでは大違い。

閉める(しめる)とは閉じる(とじる)という意味。

ただ開いていた部分が閉じただけで安定感が無い状態。

 

では『締める』とはどう意味なのか?

『締める』とは引締まった状態の事。

緩んでいたものが引締まる。

安定した状態になるという事。

 

僕自身、柔道をしていて

学生のときに監督から

「いつもタオルを挟んでいる気持ちで脇を閉めろ!!」

と言われていました。

 

当時は素直だったので

「はい、わかりました!!」

って脇を閉めてやってましたよ。

 

脇を『閉めて』ね・・・

 

いやいやいや、

両脇にタオルを挟んだ状態で

柔道なんてなかなか出来ないですよ。

 

だって想像してみてください。

普段の生活をずっと脇を閉めた状態で出来ます?

どう考えたって難しいですよね。

 

普段の生活で出来ないことが、

武道やスポーツをしているときに

出来るって事はなかなかないです。

 

では実際にどうすれば良いのか?

文章では分かりづらいと思いますので、

YouTubeの動画を参考にしてみて下さい。

 

動画はコチラから↓↓↓

顎の引き方一つでバランスが変わる

バランスが抜群に良くなる脇の締め方

バランスが抜群に良くなるお尻の穴の締め方

Pocket

身体に首って6つもあるの!?

Pocket

先日、2回目の東洋医学講座を開催しました。

 

前回の講座では、

  • 気血水の陰と陽の流し方
  • 呼吸器、消化器、泌尿生殖器の整え方
  • 九星身体調整法

をご自分で出来る様にお話をさせて頂きました。

 

今回のテーマは、

  • 肌の引き締め方
  • 手首、足首の調整
  • 肘、膝と消化器の関係

について行いました。

 

東洋医学の物事の捉え方は面白くて、

『身体の一部分を他の部分と同じ』と

という考え方があります。

 

この考え方でいくと、人の身体には

『首が6つある』という事になります。

 

どういう事かというと、

手首で考えてみると、

手・首となるので

手首も首なんですね。

 

という事は、

首、両手首、両足首で、

身体に5首あるという事に。

 

 

じゃあ、あと1つはどこにあるの?

 

実は『腰』も首って考えるんです。

いやいや、腰に首って名前付いてないし。

そうですよね、ごもっとも。

 

ここは少し頭の中をひねってみましょう。

 

腰といえば・・・くびれ?

くび・れ?

首!?

 

はい、6つ目の首が出てきましたね(笑)

 

この様に同じ名前がついている部分は、

何らかの関連性がある場所になっています。

 

首が悪くなると手首や足首、腰が悪くなる。

逆に手首や足首、腰が悪くなると首も悪くなる、

といった感じでお互い影響しています。

 

なので手首、足首の調整をするだけで、

腰が曲がりやすくなったり、

首が軽くなったりするんです。

 

普段から手首や足首が硬くならない様に、

意識して動かしていきましょう。

Pocket

常識破りの法則で自分も家族も健康になれる!!「鍼灸師が教えるママ・パパの為のセルフケアセミナー」

Pocket

【セミナー概要】
最近になって東洋医学っていう言葉をよく耳にする様になりましたね。まず、そもそも東洋医学って何?っていう方も多いかもしれません。東洋医学とは古代中国の自然哲学を理論とし、日本の民族、風土の影響を受けながら発展してきた自然治癒力を原点に置いた予防医学なんです。薬、マッサージに依存することなく、自分で自分をコントロールして病気を未然に防ぎ健康を維持する事ができます。病気ではないけれど、肩こり、冷え、不眠、便秘など、身体が何らかのサインを出している状態(未病)で対応が出来るので大きく体調を崩すことが無くなります。大自然の法則に基づいているので、身体に負担をかけることなく元気になる事ができる。そんな事が一人で出来て、しかも人にもしてあげられるセルフケアセミナーです。【セミナー詳細】
慢性だから・・・
毎日使うから・・・
歳だから・・・

もう仕方が無いと諦めたりしていませんか?
ちょっと待ってください。
諦めるのにはまだ早いかもしれません。

人間の身体はいつでも良くなろうとしてくれています。身体はいつでもどうなりたいのかを教えてくれています。自分の身体の声に耳を傾けることは出来ていますか?自分の身体はどうなりたいと言っていますか?

一度、自分の身体の声をしっかりと聴いてみましょう。

そのとき、自分の意識と身体のギャップに驚くかもしれません。

でも、まずは自分の身体を知る事が大事。
自分で身体を認識し異常を察知しなければ、
そもそも身体は治そうとはしてくれない。

例えば、
すごく肩が凝っているのに本人が
凝っていないと思っていたら?

自覚が無ければ、それが正常になってしまう。

本来、人間の感性って繊細で少しの変化でも感じ取れるはずなのに、自然と接触する機会が減り、便利な生活を送っていくうちに鈍い意識と身体になっていく。それでは、自然治癒力っていう素晴らしい機能があっても正常に働いてくれないですよね。

一度、意識と身体を繋いでみましょう。

本来の身体の機能が働きだしたときに、
あなたは理想の状態に近づいていく。

そうなれるように色々とお伝えしていきます。

お伝えする内容は、
人間が本来持っている自然治癒力を活かした、
東洋医学ベースのセルフケア。

・東洋医学の基礎知識 + 日常で使える豆知識
・自然の法則を実際に体感してみる
・自宅でできる陰陽の法則を使った簡単セルフケア
・股関節・肩甲骨の簡単調整法
・身体の土台を作るための東洋メソッド

【こんな人はぜひご参加ください】
・肩甲骨周辺のコリがいつも気になっている
・股関節のストレッチをしても柔らかくならない
・夕方になると足がむくんでだるくなってくる
・だんだんと疲れが抜けにくくなってきている
・基礎代謝を上げて身体を温めたい
・出産をしてから痩せにくくなってきた
・寝つきが悪く、眠りも浅い
・カッとしてイライラする事が多くなってきた
・TVや雑誌で観た体操をやっても効果が現れない
・ついつい薬やサプリに頼ってしまう

【セミナーに参加するとこんな結果が得られます】
・マッサージや整体に通わなくても良くなる
・肩甲骨がはがれて背中の重たさが無くなる
・股関節が柔らかくなり身体が軽くなる
・呼吸が深くなり身体がすっきりする
・循環が良くなり体温アップして冷え性改善
・心と身体が安定してイライラしにくくなる
・免疫力を高めることが出来る
・自宅で簡単にセルフケアが出来る
・子供や家族のケアも出来る
・様々な健康情報に惑わされなく済む様になる

<詳細・お申込み>
日時 2017年4月23日(日) 14:30~16:30
場所 大阪市内福島周辺 ※詳細はお申込後に改めてご案内させて頂きます
定員 10名
参加費 10,000円

お申込みはコチラ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/bb561773504305

 

Pocket