原因不明??背中の痛み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

京都へ出張施術に行ったときのお話。

 

30代前半の女性で4~5年前から

背中の痛みが続いているとの事。

 

病院で検査をしてもらっても

骨の変形やゆがみもなく、

異常なしと診断された。

 

ご自分で背中の痛みについて

インターネットで調べていると

内臓の病気の可能性かも・・・

と、不安になりながらも、

内臓の検査はせずに

だましだまし過ごしてきた。

 

治療を受けに行こうとも考えたけど、

初めて会う知らない人に

身体を触られるのには抵抗がある。

 

という事で、今回知人からの紹介で

施術をさせて頂くことに。

 

色々と身体のチェックをしていくと

左の股関節の開きが悪く、

右肩がえらく前に出ている状態。

 

脈を診ると肺が動きにくそうで、

呼吸が浅く酸素が回っていない感じ。

胆のう、脾臓、左腎臓も

動きが硬くなっている。

 

左足首は関節がズレてしまっていて、

動きの途中で引っ掛かっている。

 

検査の結果を説明していくと、

クライアントさんの顔が

あっ!!という感じに。

 

『いつも左足に体重がかかっていて、

バッグは右肩にかけています。

呼吸は気がつくとしてないです。

以前、左の踵が痛いときがありました。』

 

『そうですよね~。』

 

深呼吸をしてもらうと、

胸は動くけどお腹は動かない。

横隔膜を使った腹式呼吸が出来ていない。

 

酸素がちゃんと入らないと

身体はなかなか良くならないですよね。

 

その辺りの問題点を

ちょこちょこっと修正。

 

はい、これで立ってみると、

両足に均等に体重がかかり

さっきまで気になっていた

背中の痛みも楽になっている。

 

あとは重心がみぞおちの

辺りまで上がっていたので

臍下丹田まで下ろして終了。

 

まぁ、ほとんど何もしてないけど、

実はクライアントさんが

自分の身体の状態に、あっ!!っと、

気付いた時点で身体の治癒は始まっている。

 

頭が身体の状態を正しく認識することで

本来の姿へ変えていこうとする。

 

身体には自然治癒力という

最高のお医者さんがいる。

 

身体に傷ができたら

勝手に治っていくのと同じで、

身体にエラーがあれば

そのエラーを修復していくのが

当たり前の状態のはず。

 

ただ、身体のエラーを

頭が認識出来ていなければ?

 

治癒は始まらない。

 

だって頭ではどこも悪くないと

思っているんだから。

 

このパターン、すごく多い。

 

自分の身体がどんな状態なのか、

自分自身でわからないって

とっても怖い事。

 

みんなは、自分の身体の感覚と

意識の感覚はマッチしてる??

 

少し意識してみる必要があるかも・・・

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください